2022 年 8 月 8 日

夏のオープンキャンパス 2回目(8/7)

大学の夏休み突入とほぼ同時に、夏のオープンキャンパス2回目が開催されました。

今回はまずは、アニメーション文化学科お得意のノボリやタテ看をご紹介致します。
いずれも学生作品をもとにして作っていますので、展示としても楽しんでいただけます。

1-5
3-5
4-5
5-5

前回のオープンキャンパスでお話ししたように、今回は秋学期から就任予定の新しい先生にわざわざ東京から来ていただきました。

そして、「アニメスタジオに通用する本物の作画技術」について、実演とともに講義をしていただいたのでした。

16-5
17-5

生徒さんたちは、2枚の原画をもとに中割りの体験を行いました。

初めてのことですから大変なのですが、アニメーションを作るという実感が得られたのではないでしょうか。

集中する背中と指の動きが、もう何だかアニメーターですね。

18-5

別の教室では、いつもの佐々木先生によるイラスト実践講義です。

22-5
19-5

美少女を描く生徒さんが圧倒的に多い中で、なぜが鮮魚の鯛?、あるいは、おいしそうなたい焼き?を描いている保護者の方がとても印象に残りました。

CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)を使うことに少し慣れていらっしゃるような感じでしたが、普段はいったい何を描かれているのだろう???

たい焼き、タコ焼き、大判焼き・・・・・・

忙しくてお昼を抜いたせいか、私の妄想はあらぬ方向にひたすら突っ走るのでした・・・。

2022 年 7 月 30 日

9月卒業予定者の卒業研究発表会

金曜日、9月卒業予定の留学生5名の卒業研究発表会がありました。

5人は全員中国の学生で、1名が論文、残りの4名がアニメーションの制作でした。

4-5
3-5

論文の学生は、中国における「特撮」の発展史を扱っていました。

先日、上海のテーマパーク「上海海昌海洋公園」に「ウルトラマン・エリア」が新設されたとのニュースがありましたが、ウルトラマンが中国の特撮に与えた影響はとても大きいのですね。

今では中国でも独自の特撮ものが作られているそうですが、オモチャやグッズと関連付けた製作方法は日本のやり方をそのまま踏襲したものとのことです。

8-5
10-5
13-5
19-5
20-5 

アニメーション作品はそれぞれが思いを込めて、だいたい3分~5分の尺(長さ)で作られています。

18-5
15-5
16-5

今回の特色は、コロナ問題を扱った作品が出てきたことです。

確かに彼らは、留学中の真っ只中コロナ禍にぶつかり、中国に一時帰国もできなかったし、帰国しても日本への再入国ができなかったりと、散々な目にあっているのです。

彼らの記憶の中では、日本留学とコロナはこれからもずっと切っても切り離せない関係なのだろうと思います。
それだけにますます、この貴重な留学体験を活かして、これからの人生をたくましく切り拓いて行ってもらいたいと願っています。

2022 年 7 月 29 日

データサイエンティストのお仕事:データサイエンティストは会社でどう、働いているのか

先日1年生の女子学生に、学科の先生はオジサンばかりで区別ができないと言われショックを受けたのですが、今回のブログは、オジサンたちにも実はいろいろいろな人がいるのだということを示すのが目的です。

アニメーション文化学科は、このように多様な方向に関心をもつ人材で構成されているのです。

今回のオジサン「オジサン8号」は、注目の新職業「データサイエンティスト」に関する講演について報告してくれています。

——
各地の大学で文部科学省認定のコースができたり、その名前を冠した学部・学科ができるなど「データサイエンス」とそれを実践する新しい職業「データサイエンティスト」が注目されています。

しかし、その実態は……というと、多くの大学生・高校生は知らないかもしれません。アニメーション文化学部の教員(この文章の筆者・オジサン8号)が支援する、高梁市の地域ICTクラブ「ICTクラブ高梁」で、現役データサイエンティストをお招きして、企業で働くデータサイエンティストと、ビジネスで活用されるデータサイエンスの実態についてご講演をいただきました。

講演者は、株式会社サイバーエージェント技術本部Data Tech Labで、データマイニングエンジニアとして活躍する森下壮一郎先生。森下先生は、同社に入社する前は、東京大学・電気通信大学・理化学研究所で、パターン認識などを研究されてきました。

bandicam+2022-07-27+23-16-55-003-5
機械学習とディープラーニング。講師は、森下壮一郎先生(株式会社サイバーエージェント)。

データサイエンティストは「サイエンティスト」と言いながら、大学よりむしろ、大部分が企業で活躍しているそうです。データサイエンスはビジネスと密接に結びついた学問であり、データサイエンティストは企業の課題やニーズに沿ったデータの収集・分析などを行って、その結果をビジネスに生かすための報告書にまとめるのが、重要な仕事だということです。

データサイエンティストになるためには、大きく3つの分野の専門知(専門的知識やスキルなど)を求められるとのこと。まず、統計科学の専門知。そして、計算機科学の専門知。最後に、ビジネスにかかわる特定分野の専門知です。特定分野の専門知としては、たとえば、経済学や心理学、マーケティングなどの知識が求められます。森下先生によると、いろいろな分野出身のデータサイエンティストがいて、これじゃなくてはいけないという道はないそうです。

では、どのようにこうした専門知を身につければいいでしょうか。森下先生の周りでは、情報系の修士課程までは学んでいる方が一般的になってきているそうです。情報系に限らず、心理学、経済学系でも、まずは何らかの専門知を身につけて、そのうえで、他の分野について独学で学ぶというのが、森下先生が知っているデータサイエンティストの経歴では多いそうです。

bandicam+2022-07-27+23-16-37-157-5
情報学科で専門科目を履修した場合の他分野の修得の仕方。

一般的にデータサイエンティストに与えられる課題は、ある程度手順が定まっている課題と、手順が定まっていない課題とでいうと、後者が多いそうです。自分で工夫しながら問題を解いていく必要があるそうです。ただ決まった手順で問題を解いていては、ビジネスで必要な知識をデータの山から取り出すことが難しいし、ごく当たり前な知見しか得られない、またはまったく知見が見えていないということもあるようです。

こうした手順が定まっていない課題を解くためには、ひらめきや工夫が必要ですが、まずは手になじんだ道具(統計学・数学の手法)を一つ手に入れるべきだというのが、森下先生のアドバイスです。たとえば、「固有値分解」などはデータがベクトルとして扱えるときに有効な方法ですが、画像や文章については有効ではないことがあります。しかし現代の人工知能(AI)では、「ディープラーニング」と呼ばれる手法で、どのようなデータもベクトルとして扱えるようになっています。ディープラーニングがよく活用される現在においても、一度身につけた「固有値分解」などの手法が活用できることがあると、森下先生は説明します。

この講演を聴講したあと、森下先生がラボの仲間たちと書いた『データマイニングエンジニアの教科書』(C&R研究所)の目次を見ると、確かに、統計学に関する章(2章、6章、8章、9章)に加えて、計算機科学に関する章(3章、4章、5章、7章、10章)、ビジネスの観点からのデータの解釈・y味方にかかわる章(11章、12章)と、非常に幅広い分野にわたって学ぶべきことがあることが、あらためてわかります。

ところで、森下先生たちの本の重要な特徴は、データサイエンスの倫理に関する章があることです。データサイエンスは科学だから中立だろうと思われそうですが、実はデータの使い方によっては人間の偏見や社会的差別を助長する面があります。そのうえ、データに基づいているということで、その偏見や社会的差別がまるで中立な事実であるかのように受け取られる危険もあります。そのため、データサイエンスの倫理はとても重要な現代的課題なのです。この視点を取り入れている教科書という点で、森下先生たちの本はとても重要だと思います(最近森下先生たちは、『よくわかるパーソナルデータの教科書』という本も出されたそうです。こちらも注目)。

bandicam+2022-07-28+04-16-22-286-5
ビジネスサイクルにおけるデータサイエンティストの役割。

森下先生のご講演に戻ると、データサイエンティストの仕事というと、データの収集(取得)・分析・結果の解釈・報告書作成までと考えられることが多いのですが、実は、データの収集よりも前に、どのような課題や関心があってデータを収集(取得)するかきちんと定義しておかないと、必要なデータが集まらなかったり、余計な個人情報を多数取得してしまったりする可能性があります。前者は明らかに困ることはわかりますが、後者の場合も、個人情報保護法や海外の関連法(たとえば、欧州の一般データ保護規則(GDPR))などが企業活動を規制している現在、余計な個人情報をもつことは、実は企業にとってネガティブなリスクとなりかねません。なので、データの収集(取得)前から、データサイエンティストを加えて、ビジネスの課題や問題意識をはっきりさせる活動(定義)を行わなければならないわけです。

そして、報告書を作り上げたあとも、そのデータの解釈と利用という面でデータサイエンティストの助言や支援が必要なことがあります。データだけを渡されても結局それを活かせず死蔵させてしまう可能性があります。そうすると、データサイエンティストはビジネスについても相当知らないといけないわけですね。

しかし、データサイエンティストも得意・不得意があるので、全部一人でこなすというわけにはいきません。データサイエンティストのチームでの活動・活躍も、こうした得意・不得意を補うのに役立つでしょう。一方で、一般の社会人のデータサイエンスに関する知識や教養が深まることも重要そうです。

講演後の質疑応答で森下先生とお話しして、現在大学でできるだけすべての大学生に数理・データサイエンス・AIの基礎的な教養を身につけさせようとしているのも、多くの社会人がビジネスや社会課題をはっきりさせ、その解決のため、データサイエンティストと共同で働き、データサイエンティストんぽ専門知を活用できるようコミュニケーションできることを目指してのことなのだ…ということがわかりました。

データサイエンスに関する訓練としては、日ごろからニュースを見て、データの分析やその表現が適切か、事実と解釈・主張とを分けているかなどに注意するということが役に立つそうです。これは、高校生からも始められそうですね。

それにしても、非常に幅広い分野の専門知を身につけ、その専門知を日々アップデートしながら、日常的な仕事にもとりくむとなると、データサイエンティストは相当な激務になることもありそうですね。データサイエンティストになるよりも継続するほうが難しいと、森下先生は言います。一生続けられるかどうかというと、新しい職業であることもあってなかなか難しいとのことですが、実際定年間際まで仕事をしているデータサイエンティストもいて、一概には言えないそうえす。何よりも、マネジメント(仕事の割り振りなど)の問題が大きいのではないかということでした。

ここでは伝えきれないほど非常に密度が濃いご講演だったのですが、データサイエンティストは単なる流行の仕事ではなく、21世紀のビジネスで不可欠の職業であることがわかるとともに、(どんな仕事でもそうですが)第一線で働くためには努力と研鑽が相当必要そうだなあと感じました。

2022 年 7 月 22 日

高梁城南高校「まちなか美術館」を回ってきました

岡山県立高梁城南高等学校(高梁城南高校)は、吉備国際大学アニメーション文化学部がある高梁市にある高校です。平成16年に、高梁工業高校と川上農業高校、成羽高校が合併して誕生しました。

同校にはデザイン科があり、昨年ICTクラブ高梁が主催し、地域のクリエイティブ活動と教育を紹介する「クリエイティブフェスティバル2021」では、アニメーション文化学部と協力して、同フェスティバルの準備・運営・進行を務めました。

そうした関係もあって、瀬戸内海放送(KSB)の報道で、高梁城南高校デザイン科が、7月5日から市内6つの中学校で「まちなか美術館」と題した美術展を開催していることを知り、閉館(撤収)する前日の12日に、吉備国際大学から比較的近い高梁中学校、高梁北中学校、高梁東中学校の3校をぐるっと回ってみることにしました。

この展覧会は、高梁市教育委員会と連携し、高梁城南高校が実施するもので、中学の生徒の同校への理解促進と併せて、同校の魅力を地域社会に発信することを狙ったものとのことでした。

雨上がりの蒸し暑い中、電動自転車を飛ばして回りましたが、「おーすごい」「とても上手だなあ」という作品が多く、作品数はそれほど多くありませんでしたが、見ごたえありましたよ。

3つの中学校はどれも自然がいっぱいの環境の中で、背後を緑いっぱいの山に抱かれるような場所に建っています。高梁市の豊かな自然を感じられますね。

IMG-1361 5
IMG-1366revised 5
IMG-1370_revised 5
IMG-1371revised 5
高梁東中学校と、同校で展示された作品。雨上がりの中、背後の山からは水蒸気が立ち上っていました。

津川町の高梁東中学校では、吉備国際大学と同校とのいろいろなかかわりについてお話をいただき、大学と地域の高校・中学校等との交流の大切さを確認しました。

IMG-1389 5
IMG-1391reised 5
IMG-1399revised 5
IMG-1399revised 5
高梁北中学校と、同校で展示された作品。ホールの壁は木の感触を生かした装飾で、一部だけ見るとログハウスのようにも見えます。

川面町の高梁北中学校は、展示場所のホールがとても印象的でした。木を壁にふんだんに使って、なんだか懐かしい雰囲気。

IMG-1424 5
IMG-1426revised 5
IMG-1428revised 5
高梁中学校と、同校で展示された作品。意外なところで意外な出会いがありました。

高梁の城下町から高梁川を渡った高梁中学校では、昨年クリエイティブフェスティバルをいっしょに運営・進行した卒業生の作品に出合いました。とても真面目そうな彼が、これほど細密で祭りのにぎやかな掛け声や笛の音まで聞こえてきそうな作品を描くとはまったく知りませんでした。意外なところで、知っている人の意外な一面に出会い、うれしい驚きでした。

作品展示と並行して、各学校では、卒業生を含む高梁城南高校の生徒と、オンラインで交流する一幕もあったそうです。昼休みに5-10分間作品や学校生活について話ができたそうです。卒業生の作品を見て、話を聞けると、進学するときも安心ですよね。

8月1日(火)から10月31日(月)までは、第2弾として、市内の病院や公民館、福祉施設等を会場に展示会を計画しているそうです。もっと広く地域住民の方に、高梁城南高校デザイン科の生徒さんの作品を楽しんでもらうことができそうですね。

※生徒・卒業生の皆さんのお名前は個人情報保護のためマスキングしています。しかし、作品を制作されたご本人で、実名等を提示してほしいとのご希望がありました場合は、ootani@kiui.ac.jpまでお知らせください。

2022 年 7 月 17 日

夏のオープンキャンパス 1回目

02655

夏のオープンキャンパスが、いよいよ始まりました。
今日は、その第1回目です。

0295
0315

今回から、アニメーション文化学科の学生作品が、キャンパスのあちらこちらで見られるようになりました。
学内でもあまり見る機会がないでしょうから、ぜひともゆっくりご鑑賞ください。

0145

学科説明の際には、10月から赴任予定の新しい先生の紹介もありました。
その先生は、今回は東京からのZOOM参加でした。どうもありがとうございました。

8月のオープンキャンパスでは、今度は高梁にまで来て下さるそうなので、みなさん、乞うご期待です。

0235

学科の全体的な紹介の後は、生徒さんたちには、佐々木先生の「現場で鍛えたイラスト実践」に参加していただきました。

0195 
0215

生徒さんたちも手慣れたもので、先生の話を聞きながら、手は勝手にそれぞれ動かしていくのでした。明らかにもう、デジタル時代の申し子たちです。 

8月のオープンキャンパスは、7日と28日に開かれます。

上にも書きましたが、秋学期に就任予定の新しい先生に、「アニメスタジオに通用する本物の作画技術」について、実際に講義をしていただくことになっています。

今年の夏は高梁に、ジブリ(Ghibli)に負けないほどの、熱い風が吹きますぞ!!!

2022 年 7 月 5 日

黄岡師範学院美術学院とのオンライン打ち合わせ

コロナ禍がもたらしたもので唯一いいことは、オンラインでの国を越えての交流にあまり抵抗感がなくなったということでしょうか。

本日、中国の黄岡師範学院美術学院の先生方や、日本語教育を担当する国際交流学院の方々と、これまでの交流の問題点や今後の在り方について、Teamsを使って話し合いを行いました。

025
中国支局長と黄岡師範学院美術学院・国際交流学院の先生方

写真の中の2名の先生は、3年前に2週間の研修で吉備国際大学にいらした方々です。
お元気そうで、本当に何よりです。

今回の会議で改めて確認できたのは、

①10年以上にわたる黄岡師範学院美術学院と吉備国際大学アニメーション文化学科との交流を、今後も拡大・発展させていくこと、

②中国においても国を越えての移動制限が次第に緩和される予定なので、来年からはまた留学生の派遣や研修旅行を再開させたい、

ということでした。

こちらからも、黄岡師範学院美術学院を頻繁に訪問できるようになれば、本当にいいですね。

なお、今日分かったことですが、
黄岡師範学院美術学院から本学科に留学し、帰国後現在はあちらのアニメ専任教員になっている卒業生がいるそうです。
懐かしい卒業生の名前を耳にし、今日はとても有難い打ち合わせでした。

2022 年 7 月 1 日

授業 「アニメーション制作演習A」 の紹介②

2年生を対象にしたこの授業では、学生らが幾つかのグループに分かれ、それぞれが自主的にアニメーション作品を一つ作ることになっています。

前回ブログで紹介したのは5月のGW明けでしたが、その後作業は順調に進んでいるのでしょうか。

0015
0115

出来上がった絵コンテをもとに、作画作業を進めています。今では、ほとんどの学生がデジタルで作画を行っていますね。

0055

おやおや、シナリオのブラッシュアップかな? それとも、リライトかな? ここで頑張っておけば、後が楽になります。

0085
0095
0105

一か月の間に、目に見えるものがずいぶん充実してきたように思います。
この調子だと、夏休み前には、一部は動くものが見られそうですね。

そして、夏休み、授業はなくても、アニメ教室は常時開放しておきます。
自由に入室して、作業を進めてください。
実際、授業以外の時にどれだけやれるかで、作品の完成度が決まってきますからね。

さあ、みんな、今年の夏は特別暑くなりそうだけど、それ以上に熱い思いでアニメーション制作に取り組みますぞ!!!

2022 年 6 月 29 日

地域ICTクラブ「ICTクラブ高梁」が第1回キャリアアップ講座を開催しました

高梁市内に、地域ICTクラブ「ICTクラブ高梁」ができました。地域ICTクラブとは、情報通信技術(ICT)の学習や活用を通して、多様な地域の人々が交流する場です。アニメーション文化学部・外国語学部・保健医療福祉学部など、本学の教員が、このクラブを支援しています。

ICTクラブ高梁は、今年JR備中高梁駅前のコワーキングスペース「T2-Base」に、パソコンや3Dプリンタなどのさまざまな情報通信機器(ICT機器)を備える会場を設けることとなりました。

これに併せて、今年度は、若者向けにキャリアアップ講座として、クリエイティブな活動と仕事とをどうやって結びつけていけばいいか学ぶことができる連続講演会を開催することとなりました。

第1回は、「ジモトで音楽をシゴトにする!~地方からDTMで発信するクリエイティブな働き方」と題して、作曲家・サウンドデザイナーの山路敦司先生をお招きして開催されました。

Facebook用バナー5

DTM(デスクトップミュージック)は、パソコンを使って自分の部屋で音楽を作曲・編曲して、演奏することです。

山路先生によると、ボカロ(ボーカロイド)のヒット曲やゲームのサウンドだけでなく、いまの社会で私たちが耳にする音楽やデザインされたサウンドの多くには、何らかの形でコンピュータが関わっているといいます。

IMG_4255_low5

高性能パソコンの価格が手ごろになり、パソコン向けに、さまざまな音を合成して出力できるシンセサイザーや、楽譜が読めなくても思い通りにさまざまな楽音や音を並べて作曲・演奏できるMIDIシーケンサーが登場したことで、個人でもコンピュータ音楽を比較的手ごろに楽しめるようになりました。こうした機能を総合したアプリのことを「DAW」(デジタルオーディオワークステーション)といいます。山路先生によると、無料のDAWもあるそうです。

山路先生は、大阪電気通信大学総合情報学部ゲーム&メディア学科で学生を指導しています。講座では、山路先生の作品に加えて(ビートが効いたラップだけど、京都の町に映えてとてもかっこいい)、ボカロで制作した学生さんの作品も紹介されました。


「東アジア文化都市2017京都」プロモーション映像。クリエイティブユニットのトーチカがディレクター。山路先生が音楽で参加しました。

学生さんの指導経験から、山路先生は、コンピュータ音楽で上達するコツを教えてくれました。

作曲というと難しく感じますが、コンピュータ音楽の作曲で上達するためにはともかく大きな曲を作ろうとするのではなくて、思いついたらすぐに手を動かしてたくさんつくることを目指すといいそうです。シーケンサーでいろいろな音を並べて組み合わせていけば、結構簡単に音楽をつくれます。

その一方で、自分の好きな曲を耳コピー(いわゆる「ミミコピ」)してシーケンサーで再現することを続けていくと、和音やビートのしくみ、音楽の構成などが分析的に学べるので、自分で作曲するのと並行してやってみるといいそうです。クラシック音楽の作曲のトレーニングでも「聴音」という同じような方法があるそうですよ。

こうしたトレーニングをするだけでなく、ともかく人に聞いてもらってフィードバックを受ける、ほめてもらうというだけではなく、批評を受けることも大事だと言います。現代社会では、インターネット上でさまざまな発表の場があるので、人に自分の音楽を聴いてもらう機会はたくさんあります。人に聞いてもらってフィードバックを受けることで、自分自身の音楽を磨いていくことができるといいます。

休憩をはさんでからは、音楽を仕事にするにはどうすればよいかという実践的なお話。会場を見回すと、高校生や若者がとくに熱心にメモを取っているようでした。自分の将来に直接結びつくかもしれない話題ですものね。

山路先生によると、音楽を「ライスワーク」、つまりご飯を食べるための仕事ととらえるか、「ライフワーク」、人生の中で伴侶のように楽しむものととらえるかで、大きく道が分かれるそうです。

作曲・編曲・サウンドデザイン・演奏家・歌手など、正面から音楽をライスワークにするのはとてもたいへんだというのが、山路先生のお話です。音楽が好きな多くの人は、音楽を制作する人・演奏する人々の周囲のさまざまな仕事に取り組んでいるそうです。レコード会社でも広告宣伝や営業の人がいますし、楽器を運ぶ専門の物流業者などもあります。音楽に携わる仕事をしたいという場合には、一度俯瞰的…つまり、一歩立ち止まって、大きく拡げてみて、やりたいことに関わる仕事にどのようなものがあるのか調べてみるとよい。こんな風に山路先生は話します。

IMG_3423_low5

一方で、ライフワークにする、自分が音楽を愉しんでいくという道もあります。これは、直接・間接に音楽にかかわる仕事に就くのではなく、あえて安定した別の仕事を選ぶという選択です。ライスワークは音楽制作に近い仕事(プログラミングやWebデザインなど)、または音楽制作からは離れた仕事を別に持ったうえで、ライフワークとして音楽を愉しむ。ということですね。

インターネットでボカロを操り魅力的な音楽を創り出す「ボカロP」と呼ばれるクリエイターたちの多くもライスワークを別に持ったうえで、ライフワークとして音楽を愉しんでいます。

また、ライスワークとして音楽を仕事にした場合、実感として楽しいこと3割、つらいことたいへんなこと嫌なこと7割とのことです。納期や品質、お客の注文などなどいろいろと大きな制約があったうえで仕事をしなければならないことから、音楽やサウンドが完成したときや実際に発表されたときの大きな喜びはあっても、つらいことたいへんなことがあるのは忘れてはならないとも、若い人向けに注意していました。

そのうえで、現在はインターネットを活用すると、時間や距離の制約を超えて、さまざまな仕事に取り組める時代となりました。音楽などのクリエイティブな仕事となると、東京・大阪に出るという選択が考えられますが、山路先生の経験では、関西にいながら、一度も顔を合わせることなく、東京から音楽の発注を受けて納品したという経験があるそうです。

さらに、ライフワークとして音楽を愉しむ場合には、インターネットにはさまざまな発表の場があります。地方にいながら、ライフワークとして音楽を愉しむには、インターネットが人に聞いてもらうための場をさまざまに用意しているのでともかくよい時代になったわけです。

講演後半の終了後、山路先生と会場との対話もとても活発なものでした。映像作品とコラボする場合の制作の仕方や、DTMに取り組むための具体的なツールの相談、地方で学んだ若者がクリエイティブな仕事につくためのルートなどなど、話題が尽きませんでした。

IMG_3421_low5
今回の講座は会場(コワーキングスペースT2-Base)だけでなく、インターネットでも配信。

パソコンやインターネットなどのICTが普及した現代において、ライスワーク/ライフワークとして、音楽とどうつき合えばよいかいろいろな知識やヒントを得て、考えることができた2時間でした。

2022 年 6 月 17 日

総社市アニメスタジオ「えかきや」さんに行ってきました!

やらかしました。

アニメスタジオ「えかきや」さんで打合せだー!と勇んで雨の中出かけたものの、アポ取りに失敗して、えかきやの小林美代子社長にお会いできませんでした。とほほ。

えかきやは、岡山県総社市にあるアニメスタジオで、『天気の子』や『名探偵コナン』などいろいろな有名作品にも参加しています。『ポケットモンスター』の1話まるまるを担当する「グロス受け」のローテーションに入っています。

IMG-1295 5
えかきやさんのスタジオ正面。完全に民家ですよね。かわいいステンドグラスが印象的。

1285 5
えかきやさんの表札……ですよね、たぶん。

さらに、アニメスタジオの一方で、農業にも取り組むという「半農半アニ」というユニークな方針で、昔の商店街の一角に構えたスタジオの手前に併設したギャラリーでは、季節の野菜を販売することもあるそうです(そろそろ再開予定とのこと)。ギャラリーの中には、えかきやさんが手掛けた作品のポスターや、関連するキャラクターのフィギュア、有名アニメーターや漫画家の色紙などが所狭しと飾られています。

IMG-1284 5
この扉を開けると、その向こうには、いろいろなアニメ作品がぎゅっとつまったギャラリーがあります。

本日は、アニメーション文化学部の教員や学生がお手伝いをしている「ICTクラブ高梁」の企画でのご相談だったのですが、筆者の手違いで小林社長とお会いできず途方に暮れるという始末。

でも、小林さんにお声がけをいただいたおかげで、えかきやさん入り口のギャラリーを見学し、えかきやに就職したアニメーション文化学部の卒業生に会うことができました(写真の二人)。

IMG-1289 5
入社5年目のアニメーション文化学部卒業生の福田大二さんと、今年3月卒業の服部賢人さん。

就職5年目で現在は原画マンとして活躍する福田大二さん。大学のパンフレットや広報資料などで、あまりにも何度もお話を聞きすぎて「もう話すことないですよー」とのことだったので、総社の暮らしについて聞きました。総社は暮らしやすいですか?「24時間スーパーがあって便利だし、とても暮らしやすいと思いますねえ」とのこと。最近はだいぶ忙しいこともあって、腰痛や肩こりを感じると整骨院に行くのだとか。座りっぱなしで集中する仕事なので、体のメンテナンスも大事なようです。

3月に卒業し、今年入社したばかりの服部賢人さんは現在研修中。もう何カットかの止め絵(動画の中で、キャラクター等を動かさず表示し続ける絵のこと)ですが、本番のものを書いたそうです。学校で絵を描くのと何か違いますか?「絵を描くことの責任が違いますね。そのせいもあるのか自分の絵が無性に描きたくなって、家に帰ってから、在学中よりも絵を描いています」(服部くん)。「もうぼくのほうは絵を描く余裕はないかなあ」(福田くん)。あーすごい忙しいのね。「そうなんですよね。自分が描いた動画がある作品が放映されると、ちょっと描いてみて、Twitterで宣伝してみるくらいですかねえ」とのことでした。

しかし、二人ともとても明るい顔で(福田くんは「いやー、忙しいっすよ」といいますが)元気そうに活躍しているのでとても安心しました。

もちろん絵や動画の実力は必要ですが、高梁市の吉備国際大学のアニメーション文化学部で学んで、隣の総社市のアニメスタジオに就職する。こんなキャリア選択も、アニメーション文化学部にはあります。

さて、次はいつえかきやさんに行って、小林さんと会いましょうかねえ。ということで、企画を進めなくちゃ!(文責:O)

2022 年 5 月 31 日

卒業生が、マジック:ザ・ギャザリング日本選手権でベスト4に!

みなさん、「マジック:ザ・ギャザリング」というゲームを御存知でしょうか。世界中で多くのファンが遊んでいるカードゲームです。カードを組み合わせて「ワザ」を繰り出し、相手と勝負するゲームです。美しいカードはコレクターにも大人気。レアカードはとんでもない値段になるそうですよ。日本でプレイヤーが多い「遊戯王」などのカードゲームの原型としても有名です。

このマジック:ザ・ギャザリングの日本大会「マジック:ザ・ギャザリング日本選手権2022」(2022年5月29日~30日)で、アニメーション文化学部卒業生の小林亮介さんがベスト4に入りました。準決勝で惜しくも敗れてしまいましたが、激闘を勝ち抜いての価値あるベスト4です。

YouTubeでも実況中継された試合の中から、小林亮介さんが勝った第11回戦の模様を下記のYoutubeでご覧ください。

ベスト8メンバーは下記の通り。

詳細は、マジック:ザ・ギャザリングの日本公式Twitterをご覧ください!